対象機種は、iPhoneXs、XsMax、XR、11、11Pro、11ProMax 以降の機種です。

Apple社製のiPhoneXs、iPhoneXsMax、iPhoneXRのバッテリー交換時期が近づいてきましたが、バッテリーの最大容量が表示されないのは異常なのか、非正規店でバッテリー交換しても大丈夫なのか、そのまま使い続けても大丈夫なのかを少しだけ説明します。

実際にApple以外の全世界の非正規店でバッテリー交換をすると、このような表示になります。写真はXRです。

この表示が数日間画面に表示されます。

設定では、
”このiPhoneで正規のApple製バッテリーが使用されていることを確認できません。このバッテリーではバッテリーの状態を利用できません”
最大容量  ー
となります。

そのまま使っても大丈夫?
バッテリー自体の性能は全く問題がないので、そのまま使用できますが、バッテリーの劣化具合を見られないことが気にならなければ何もバッテリーが新しくなったこと以外に特に変化はありません。

純正バッテリーでは?
別のiPhoneから取り出したApple純正バッテリーを取り付けてもiPhoneの設定画面でも非純正のバッテリーをつけた時と同じ。メッセージは”このiPhoneで正規のApple製バッテリーが使用されていることを確認できません”となります。

この仕様は、AppleのiOs13.1以降からの仕様で追加となったと思われます。

これはApple以外の個人であれ/非正規店であれ、何かしらの手を加えられるのを徐々に回避してユーザーがまっすぐ正規店へ誘導するためようなものなので、表示の件を除けばバッテリー自体は正常に働いてくれています。充電はちゃんとできますからいつも通り気にせずに使いましょう。