【修理〇】アップルマークのまま立ち上がらない|更新×~復元〇|iPhone6S修理のご依頼

【修理〇】アップルマークのまま立ち上がらない|更新×~復元〇|iPhone6S修理のご依頼

こんばんは、松本駅前お城口の交差点角スマフォドクター長野・松本店です。

お客様とのやり取りです。
お客様:「iTunesでiPhoneと音楽ファイルの同期をとりますが、今回に限りアップルマークになり固まってしまった。バックアップは日頃から取るようにしています。」
僕:「ストレージがいっぱいでは無かったですか?」
お客様:「いいえ、空き領域は十分にありました。」
僕:「最悪データが消えるかも知れませんが、バックアップされているとの事なので、お客様のPCも持って来てください。」

との経緯から、お客様、PCも持参でご来店されました。

お客様に修理の流れをご説明します。
1.強制的にリカバリーモード入れて更新(アップデート)を試みる。
無事に終了すれば<完了>

2.エラーになってしまったら場合は、次として復元(初期化)を試みる。
無事に終了すれば<完了>。
但し、全てのデータは消えますが、お客様のお持ちになったPCからデータを復元しましょう。

3.それでもエラーになれば諦めて頂く。

そんなわけで1.の更新作業に入らさせて頂きました。

アップデートのPCからの書き込みはエラーも無く終了しましたが、再起動後にまた、アップルマークのまま立ち上がりません。
エラーは出なかったですが更新失敗しました。

アップルマークiPhone6S

iOSのファームウェアも破損している感じなので、2.の復元に入ります。

復元では何事もなく無事に終了しました。


このあと、お客様のお持ちになったPCへ接続をし、バックアップから復元を選択して頂き、無事にもとの状態に戻す事が出来ました。

お客様は、定期的にバックアップを取るようにしていたとの事だったので、良い結果になりました。

当店をご利用ありがとうございました。

【修理不可×】アップルマークのまま立ち上がらない-iPhone7修理のご依頼

【修理不可×】アップルマークのまま立ち上がらない-iPhone7修理のご依頼

こんにちは、松本駅前お城口交差点角のスマフォドクター長野・松本店です。

松本駅ビル「MIDORI」の中のAppleのサービスカウンターで不具合を診てもらった結果、エラー9が出てしまい修理が出来ないとの診断結果でご来店されました。

お客様に修理の流れをご説明・・・・・
1.リカバリーモードにて更新(アップデート)を試みる
2.エラーになってしまったら復元(初期化)を試みる
3.それでもエラーになれば諦めて頂く。

だいたいのフローチャートです↓

 

しかし、初めから問題発生しました。
リカバリーモードに入れたいけれども入りませんw
では別の手段でと、いったんバッテリーのコネクタを脱着し電源オフの状態にしてから強制的にリカバリーモードにします。

1.この状態でPCに接続し更新(アップデート)を試みました。
結果は、Appleのサービスカウンターで不具合をと同じ【エラー9】が出ました。

2.の復元を試みますが、今度は【エラー14】が出ます。
フローチャートにな無いですが、DFUモードに入れ復元を試みます→結果は、【エラー9】。

修理不可で諦めてもらうことにする前に、ケーブルと基板を接続している充電用コネクタ(ライトニングコネクタ)を交換し復元を試みます。これで最後です。

書き込みが途中まで行きますが、途中で進まなくなり、結果は、【エラー9】でした。

本位では無かったですが、修理不可とさせて頂きました。

PS

修理中、お客様はもう次の機種の事を言っておられましたが、力足らずで済みませんでした。