充電が出来たり出来なかったり|iPad Air2

充電が出来たり出来なかったり|iPad Air2

今回は、iPad Air2が、ケーブルを挿して充電しても充電が溜まらないとのご相談です。

先日に続きまたバッテリーの交換かな?とも思いましたが、お預かりして検証してみました。

充電ケーブルを挿して状態を確認すると。
充電が80%くらいになったところで、不具合が発生。

バッテリー表示の左に「充電されていません」の表示が出始めました。
更に、画面に「アクセサリを使用するにはiPadのロックを解除してください」

ケーブルをひっくり返すと表示が消えたり、また、違うケーブルを接続しても同様な表示になります。ACコンセントも場所を替えたりも試みました。

ケーブルを数本替えながら安定に充電出来る状態にし、充電を継続し続け100%に到達させることが出来ました。

原因はたぶん、本体内部のライトニングコネクタですが、修理料金も掛かるので、お客様に連絡をし、経過と修理の説明をさせて頂きました。

当日の夕方、お客様が引き取りに来店されました。
「しばらくぶりに100%になっている!」とiPadを見て喜んでおられました。

しかし、今回は分解修理はしなく、もう少し様子を見て下さいと説明させて頂きました。
と言うのは、
・ライトニングケーブルを交換すれば、不具合が直る可能性はあるものの、修理料金が高額になってしまう事。
・充電ケーブルによっては正常に充電されるものがある事。
を踏まえ、全く充電出来なくなってしまうまで、騙しだまし使うことをお勧めしました。

iPadのライトニングコネクタの修理は、店舗での修理可能ですが、特殊作業になるために状態によっては「騙しだまし」の使用を勧めさせて頂き場合もあります。

iPhone7 Plusの充電口・ライトニングコネクタの交換修理しませんでした

こんにちは、松本駅前のスマフォドクターです。

今回は表題の通りなんですが、

充電ケーブルを挿しても「雷マークが数秒で消えてしまい充電されない」お客様からの修理のご依頼です。

お客様はケーブルを持参されなかったので、当店のケーブルにて充電の状態を検証をさせて頂きました。
1本目:何年も使用しているケーブル・・・・両面OK
2本目:片面NG
3本目:片面NG
4本目:全くの新品・・・片面NG

コネクタの接点のクリーニング後にも再度確認しますが、結果はそう変わらずです。

全く使えないのであれば交換せざるを得ないですが、難しいところです。
片面がまだ使えるので、修理料金も比較的高額なことも考え、もうしばらくこのまま使って頂き、ダメな時が来てから交換という流れになりました。

お客さんとの会話最後の方で、岐阜県高山市から当店に来店されたことを知りました。
折角来て頂いたのに、
「コネクタを交換してあげた方が良かったのかなとか、完全な状態でお渡し出来なかった事を後悔しています。」

スマフォドクター松本店でした。

iPhone7充電できないの巻

iPhone7充電できないの巻

こんにちは、松本駅前にある修理専門のスマフォドクターです。

今回はこちら↓

【来店の経過】
電話にて問い合わせ頂きました。

お)「iPhone7なんですが、<コネクタ>を挿しても<卓上の充電器>でも充電出来ないんです。バックアップが取れないので何とかしてほしいです!」

ぼ)「卓上の充電器って何ですか?」

お)「上に置けば充電されるのです」

ぼ)「じゃあiPhone8ですね!」

お)「はっ、はい、見てもらえますか? 3,40分で伺います」

ぼ)「はい、お待ちしております」

ご来店。

【不具合の状況確認】
ぼ)「iPhone8でコネクタでもワイアレスでも充電出来ないということは、強制再起動をしてもダメだったら、初期化してみるしかないです。データも消えてしまうので、結局本体交換と同じになってしまいますが・・・・・」
心の中で「リカバリーモードにして充電してみる方法もあるかな? そうすればWifi経由で何とかなるかな?」と思いつつ

お)「写真のデータが入っているんです!」
と言いつつ患者さんをバッグから取り出します。

iPhone7です。

ぼ)「7はワイアレス充電の機能無いですよー」

お)「でも友達が出来るかもって! で、やってみました。」

出来る訳ないじゃん!!

【検証】
コネクタにゴミ等は全く入っていません、奥までしっかり入ります。
コネクタピンもきれいです。

強制再起動しても状態に変化なし。

もし、コネクタ交換になれば面倒だなーと思いつつ、
お客様にお断りをしてから、パネルを開けて開けたままの状態で、別のライトニングコネクタを仮付。

仮付の状態でプラグをさして電源が入るかの確認です→→→→立ち上がりました。

ぼ)「このコネクタの交換になります。ちょっと面倒なので40分から1時間かな?」

【コネクタの交換修理】
もくもくと分解します。いつの間にかiPhoneの下半身が↓

バッテリーも外してバラバラな状態ですが、ちなみに、

赤〇:外したライトニングケーブル
緑〇:バイブレータ
青〇:ラウドスピーカ
黄〇:今度付ける予定のライトニングコネクタ

ここでしばらく休憩し組立てに入ります。

新しいケーブルを取り付け

そして、組立て終了後に、各機能のチェック(充電→マイク→スピーカ→ジャック)→OKです!

【最後に】
コネクタ部分の写真がうまく取れないので上部を剥ぎ取り確認しましたが、ピンはとてもきれいな状態でした。

ご来店、ご利用ありがとうございました!

充電できない→ライトニングケーブル修理交換

充電できない→ライトニングケーブル修理交換

「iPhone6Sが充電が出来ない」と安曇野市から修理にご来店されました。

バッテリーの持ちも良くないけれど、昨日から充電出来たり出来なかったりで電源が入らない状態でのご来店です。

コネクタ部分の汚れがひどくクリーニングしても通電されません。ライトニングコネクタの交換の旨を伝えお待ち頂きました。

修理手順です↓

1.液晶パネルを外す

2.バッテリーコネクタを外す

3.バイブレーターを外す

4.ライトニングコネクタを外す

5.交換用のライトニングコネクタの取り付け

6.バイブレータの取り付け

7.内部のクリーニング及び防水シールの貼り替え

汚れています↓

8.液晶パネルのコネクタの取り付け

この段階ではふたは閉じません

9.バッテリーコネクタの取り付け

10.充電の確認

バッテリー残量が無かったので、立ち上がるまでに15分ほど掛かりました。

待っているあいだ外観の汚れもひどかったのでクリーニング。

11.通話の確認

通話用のマイクはライトニングケーブルと一体なので。

12.スピーカから音が出るかの確認

スピーカの接点がライトニングケーブルにあるので。

13.検証し終えた後に液晶パネルを閉じてねじ止めで完了